if文の条件式多すぎて辛くなる前にやっておきたい事

if文の条件式 読み手にも優しく

 

こんにちは、最近8:00と8:20にアラームを設定して脅威の2段構えを取ってるのに寝坊してるえくれあです。

3段構えの方が良いのだろうか。。。

さて、今回はかなりレアなプログラミング~的な感じの記事です。

お題目はif文の条件式について思うところをちらほら書いていこうと思います。

さて、まずは下のコードを見てみてください。言語はC#です。

ざっと簡単に書きました。

内容はただ単に魔法使いかどうか書いてるだけです。

さて、上記のコードがあったとしてちょっと嫌な部分がありますよね。

ネストが深い!

if文の中にif文があって更にif文があるという。。。

これ書いた人は良いかもしれませんが、読む人によっては辛いですよね。

簡単なサンプルなのでこれは問題ないと思いますが、読むのが難解なコードだってあります。

なのでまずはネストが深いのを直していきます。

ネストが深いので修正していきましょう

今回は && を使ってif文を消しました。

さっきよりかは行数も減り読みやすくなったと思います。

これぐらい簡単なサンプルであればもう良いような気がしますが、もっとたくさんの条件式があるようなものがあるかもしれません。

なので更に改良していきます。

条件式が長いとうっとおしいので関数にして外に出します。

if文では魔法使えるのかどうか~とか装備が杖なのかどうか~とかなのですが、まとめちゃうと

魔法使いなのかどうか?っていう事ですよね。

なので魔法使いなのかどうかっていう関数を作ります。

条件式を関数に

長ったらしい条件式をisWitchという魔法使いかどうか調べる関数に置き換えました。

更にスッキリしたのではないかと思います。

今まででしたら、魔法が使えて、武器が杖で、最大MPが0以上で~、なるほどこれが魔法使いなのか!

と何行もあり読むのがめんどくさかったですがisWitchにしたので魔法使いかどうかの確認関数があってこれが魔法使いなのか!

1行でばっちり分かります。

だからなんだよ、って思う人多いかもしれません。

でもプログラムは読む人にとって分かりやすく作るべきなのでこういう気づかいってとても大事なのですよね。

1行か数行の違いですが、こういうのが何個もあるとソースコードの把握に時間がかかります。読む気も失せますw

逆に読み手に優しいプログラムは人間関係も良くなる(←これが一番重要な気がする)ので良いことだらけです。

何故こういう事書こうと思ったのは今いるプロジェクトのコード読んだらこういうのが多すぎてまじふざk…..おっと誰か来たようだ。

それでは皆さんの良きプログラマーライフを祈って

でわでわ~ノシ

よければtwitterフォローお願いします!

youtubeもやってるので是非遊びに来てください!→

チャンネル登録お願いします!(^^







1つ私のお願いを聞いて欲しい
ゲーム好きな同志達よ!

私のブログに何の因果か来てしまったゲーム仲間達よ、twitterフォローしてくれないだろうか?

_|\○_オネガイシヤァァァァァス!!

まじでブログ運営やってトップブロガーになりたいので皆さんの優しさをぼっちな私にプリーズ!

楽しいブログにするから!(*/▽\*)

そして記事のリツイートとかよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

xLia

どうも!えくれあです! 東京在住。超ゲーム好きなゲームプログラマー 趣味は色々あって、サッカーや最近は洋楽のRockを聞いています。 ブログはほとんどゲームの事ですが稀にオピニオン的なものも書いています。よろしくね(`・ω・´)/